ゼニカルのジェネリックとは

ゼニカルのジェネリック薬の成分や効果に違いはあるの

ゼニカルのジェネリック薬は本家のゼニカルと成分・効果に違いはありません。つまり安くなる分だけお得というわけですが、100%のコピー品ではないのです。

製造元が異なるので製造工程・機械などに違いがあり、それが作用に僅かに影響してきます。気にする程度のレベルではありませんが、飲み比べるとわかるという方もいます。

ただしプラシーボ効果の影響である可能性も否定できず、本家と比べてジェネリックは効かないと考えている方は少なくありません。

どちらも変わらないと考えて飲んでいる方は、同様の効果を得られることが多いです。薬は効くと思って飲んだほうが絶対によいので、マイナスのイメージを持たないようにしてください。

明らかに効かないケースがあるとすれば、それは偽薬の可能性があります。個人輸入では偽物を販売している会社もあり、こうした薬を服用した場合は効かないと感じることがあります。

そもそも偽物は内容成分がまったく異なるケースが多く、健康被害を招く可能性もあるのです。安全にダイエットするためにも、個人輸入代行サイトを選ぶときは慎重に行なってください。

正規品保証を設けているところ、口コミ情報が豊富にあるところ、などで購入するのがおすすめです。

ゼニカルのジェネリック薬の正しい飲み方

ゼニカルとジェネリック薬は飲み方に違いはありません。食事中もしくは食後1時間以内に1カプセルを飲んでください。

1日3回まで服用できるので、毎食後に飲むのも効果的です。脂肪分を30%程度カットしてくれるので、油っぽい食事が好きな方におすすめします。

服用するタイミングは高カロリー食のあとなど、自分で決めておくのがいいです。飲み方を決めることで飲み忘れを防ぐことができるので、効果的にダイエットができるはずです。

食事を摂るのをうっかり忘れる人がいないように、薬の服用も毎日の習慣にしてしまえば飲み忘れはありません。脂肪分をほとんど含んでいない食事、低カロリー食のときはゼニカルを服用しなくてもよいです。

脂肪は人間にとって必須栄養素なので、ゼロにしてはいけないのです。あくまで過剰な分をブロックする薬ですから、軽食程度のときは飲まなくてもよいと言えます。

過度に脂肪摂取をしてしまうと、肌が乾燥したり便秘になったりします。バリア機能を形成してくれる皮脂の原料となるのが脂肪なので、過度に制限するのは健康上からもよくありません。

ゼニカルは糖質をブロックすることはできないので、甘いものが好きで肥満になっている方への効果は期待できないです。

ゼニカルのジェネリック薬の種類は

ゼニカルのジェネリック薬は10種類以上存在しますが、いずれもオーリスタットを主成分にした脂肪吸収阻害薬です。

この中で特に有名なジェネリックはオベリットとオルリガルです。どちらも成分はゼニカルとほぼ同じであり、使い方も効能も変わりません。

これらの決定的な違いは1箱にどれだけ製品が入っているかです。この中ではオルリガルが一番多く、1粒あたりの値段を見てもゼニカルよりも安くなっています。

長く使うのであればこちらがおすすめです。これらは個人輸入によって購入可能であり、安く輸入してくれるところはどこかを探していくことになります。

個人輸入サイトの中には、ゼニカルだけでなく、サプリメントをセットにして、より安全に利用してもらうように販売しているところもあります。

体重を減らすために服用するケースが多いため、そこで不足しがちな栄養素を補うためのサプリメントをつけて、値段を調整しているケースもあります。

オリサットやストムトリムなど様々なものがありますが、ゼニカルよりもさらに安全なのがオベリットです。

含有率を半分にすることでより安全に利用できるようになっていますが、1箱あたりの量が少ないのがネックです。

ゼニカルのジェネリック薬は個人輸入が安い

実際にジェネリック薬を手に入れるのであれば個人輸入が断然おすすめです。世界中で出回っていることもあり、同じジェネリックでも作る場所やルートによって価格が異なります。

安全性を重視したところであれば、そのジェネリックの商品がゼニカルとどれだけ成分が一致しているかを示して安全性を確かめるところがあります。

またレビューを載せることで実際の声を知りながら購入することもできます。個人輸入が安い要因としては現地の会社から直接輸入を行うため、中間に発生する費用がカットできることが大きいです。

あとはそれだけを輸入するのではなく、別のものを一緒に輸入する事で切り詰めることもできます。個人輸入で気をつけたいのは、時折偽物が入っていたり、成分が安定しなかったりする点です。

結果的に必要以上のものが入っており、健康被害が生じるケースも起きています。大事なことは、そのお店が独自で安全性を高めるようなことをしているかどうかです。

何でも扱うのではなく、安全性の高いものだけをチョイスしてラインナップに入れているようなところがおすすめです。

性能のいいものを安い価格で手に入れることが一番いいですが、そのためには事細かに商品やそれを扱うお店、口コミなどを見ていく必要があります。